白髪隠しに効果的なものは?

白髪隠しに効果的なものは?

40歳前後から急に増えてくる白髪を染めずに隠したい人には、白髪隠し剤がおすすめ。

白髪を隠したい方の必須アイテム


hgdfgdfgd

加齢とともに増えてくる白髪は、女性にとって本当にイヤなもの。だいたい40歳前後ぐらいから白髪に悩まされる方が多いのですが、白髪は医学的にきちんと解明できていないので予防なども難しく、染めて目立たなくすることしか対策がありません。

しかし美容院でキレイに染めても1、2週間で根元がうっすらと白くなってくるので、キレイな髪色をキーブするには頻繁に染めなければならず、コストも手間もかかってしまいます。

実際、1、2週間ごとに美容院に通うのは時間もお金も厳しいもの。そこで活躍してくれるのが、白髪隠し剤。白髪隠し剤は白髪染めと違い、髪の毛の表面にだけ色をつけて、白髪を目立たなくするもの。白髪が目立ってくる根元や白髪の本数が少ない時に、気になる部分にだけ手軽につけて白髪を隠せる、とても便利なアイテムなのです。

スポンサーリンク


白髪隠しにはさまざまなタイプがあります。それぞれの特徴をみてみましょう。

● 筆・ブラシタイプ
お出かけ前など時間のない時に見つけてしまった白髪でも、筆やブラシタイプなら1本でも根元から塗ることが可能。携帯していれば、外出先でも気になる時にササッと手直しができます。
● マスカラタイプ
アイメイクのマスカラと同じような形状のものは、筆タイプでは塗りにくい、耳まわりなどの細かい部分の白髪隠しに最適。白髪の1本1本を塗るには適していますが、逆に広範囲の白髪隠しには不向きです。
● パウダータイプ
ファンデーションのようなパウダータイプの白髪隠しは、白髪の気になる箇所に広範囲に塗ることができるので、全体的に白髪を隠したい場合におすすめです。
● スプレータイプ
広範囲の白髪に、より手軽に素早く使えるのがスプレータイプ。急いでいる時のために1本常備しておくことをおすすめします。

マスカラで代用できる!?とっておきの白髪隠しワザ。

白髪は1本や数本だけでも結構目立ちますし、自分ではすごく気になってしまいます。少ない白髪だと、ブラシタイプやコームタイプの白髪隠し剤ではなかなか塗りにくいので、マスカラタイプのものがいちばんおすすめ。

しかし、マスカラタイプの白髪隠しをわざわざ買わなくても、なんとまつ毛メイク用の「マスカラ」で代用してしまうというウラ技があるのです。

フィルムコートタイプのマスカラは速乾性で、乾くと耐水性。これが、白髪隠しに使えるとっておきのアイテムというわけ。しかも、メイクグッズなのでお湯でシャンプーすればキレイに落とせます。

買ったけれど使わずに眠っているマスカラがあれば、白髪隠し用として再利用するのもいいですね。また、液が減って少なくなってきたマスカラに少量の美容液を足しても、結構使えます。

100円ショップでもメイク用品が充実しているので、マスカラもお安く手軽に入手できます。明るめのブラウン、ダークブラウン、ブラックといろんなカラーをまとめ買いしてストックしておいてもよいですね。

マスカラを白髪隠しに使用する際の注意点

 

アイメイク用のマスカラは、乾いてしまえば色がうつることはほとんどないはずなのですが、もし、額の周囲の生え際などの白髪隠しに使用する際は汗をかいた時に汗が黒くなってしまうことがありますので注意が必要です。

なるべく、顔に近い部分への白髪には使わないほうがベター。しかし、顔の周囲の白髪こそが、自分ではいちばん目について気になる部分ですよね。

汗をかきそうになったらこまめに鏡でチェックすることを怠らなければ大丈夫なので、気をつけながら試してみてくださいね。

cvxcvcx

 

TOPへ戻る